地域みんなで作る移動支援情報ツール「まちモビ」とは?

東京都町田市にて、2022年6月より町田市内の自治体関係者や企業、NPO等で構成されたチームによって、「町田みんなのお出かけモビリティネット」通称「まちモビ」が開設されました。本記事ではまちモビの概要や今後の展望について紹介します。

1.まちモビの概要

まちモビ(町田みんなのお出かけモビリティネット)は、町田市内の地域住民が市内のバスや電車等の乗り物情報を収集し、サイト上で公開することで、「バス停の場所が分からない」「運行状況が分からない」といった高齢者や地域住民の悩みの解決を目指す移動支援の情報ツールです。
まちモビでは、「移動したい人」と「乗り物の情報」、「支援する人の情報」をつなぐプラットフォームを構築します。
これまで外出を控えてしまっていたり、外出しにくかった方々の外出の機会を増やすとともに、交通機関の利用者数を維持・向上させ、地域の移動手段の確保に資することを目的とします。また、推進チームのそれぞれの特性を活かして有機的に連携しながら、子供関係、障害関係の機関や活動団体も巻き込み、子育て世代や障害を持っている方も含め、住民が主体的にまちづくりを意識して参加できるように展開することを目指しています。

「まちモビ」サイトはこちら↓
https://machi-mobi.com

まちモビチラシ

運営メンバー(まちモビ推進チーム)も多様なメンバーで構成されており、自治体関係者、企業、NPOと様々な団体から町田市の交通課題を考える方々が集まっています。iconavi編集部のtasukuも運営メンバーとして活動しております!

【運営】
(株)Reha Labo Japan 
ケアプロ(株) 
町田市交通事業推進課 
町田市南第3高齢者支援センター 
町田市社会福祉協議会 
NPO町田ハンディキャブ友の会 など    

【協力】
神奈川中央交通

まちモビ推進チームメンバー

まちモビについては様々なメディアに取り上げて頂き、一部をご紹介させて頂きます。

タウンニュース町田版「市内のバス停情報を投稿・共有 特設サイト開設、外出課題に挑む」(2022/5/26掲載)
https://www.townnews.co.jp/0304/2022/05/26/626596.html

みんなの介護ニュース「移動が困難な高齢者を支援「まちモビ」町田市でスタート」(2022/7/22掲載)
https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/care-manager/no97/

2.まちモビの原点ときっかけ

町田市では、地域の外出難民、買い物難民、免許返納後の高齢者への取り組みとして、町田市の成瀬地区鞍掛台で行う、「無料地域巡回バスくらちゃん号」などの住民主体の移動支援の取り組みや、町田市内での互助型での支え合いのドライバーを認定していく、「町田市地域支え合い型ドライバー養成研修」等、移動支援に関する取り組みを様々実施しています。

これらの取り組みの特徴は、地域の自治会の方々や高齢者支援センター、市役所、社会福祉協議会、地域の事業所など、地域の外出における困りごとに対して、様々な立場の方々が協力して行っている点です。

そんな中で現状の課題として、移動に関して必要な情報があちこちに点在し、必要な人に必要な形で届いていないという状況があることに気付きました。特に障害をお持ちの方や、要支援・要介護の高齢者などは、今ある移動手段を知らないことで外出をあきらめてしまうことも実際にあります。そこで、乗り物と介助者の情報を収集し、利用者に役立つ形で発信することで、誰もが自由に移動でき、「人⇔地域」の活動が活発になる社会を目指していきたいという思いのもと、元々これまでの取り組みで繋がりがあった町田市や地域の交通に関わる関係者が集まり、まちモビプロジェクトが生まれていきました。

3.まちモビの今後の展望

プロジェクトの第一弾として、町田市にある850箇所のバス停関連情報(時刻表、現況写真、近隣施設etc)の集約から開始しています。その後順次、バス以外の乗り物の情報、支援する人の情報を追加していく構想です。

地域の大学を結ぶ、「さがまちコンソーシアム」という機関に協力を得ながら、大学生ボランティアや、サイトの運営のインターンを募集し、計6名の学生インターンも8月から運営に加わることになっています。

また、中間支援組織である社会福祉協議会や高齢者支援センターが培ってきた土壌を活用し、地域の活動団体や高齢者に参加を呼び掛けていきます。学生は社会貢献・まちづくりに寄与する体験となり、高齢者は介護予防・生活支援につながり、同時に苦手とされるデジタルツールの普及啓発となります。多世代が参加することで世代間の交流、互いに支え合う互助の関係性を生み出し、今後まちモビを用いた街歩きイベントを開催し、取り組みを活発化させながら、町田市民が「自分たちの生活を便利にするための移動に関する情報を収集し、発信することで誰かの役に立つ仕組み」の構築を目指しています。


以上、町田市で始まった「まちモビ」の取り組みをお伝えしました。
今後も街歩きイベントなど、様々な情報を発信して参りますので、まちモビの今後にどうぞご期待下さい!

関連記事

  1. 【地域で移動を支え合う】地域支え合い型ドライバー養成研修とは

  2. パーソナルモビリティWHILL 〜すべての人の移動を楽しくスマートに〜

  3. 新型コロナウイルス(COVID-19)に関連した移動に関する情報まとめ

  4. 【解説】令和3年4月施行の改正バリアフリー法をご存知ですか??

  5. パーソナルモビリティ情報「シニアカー編」

  6. 東京都 運転免許証返納特典

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。