自転車より身近なモビリティに!?電動キックボードのシェアサービスとは

経済産業省が2021年4月23日付けで、マイクロモビリティ推進協議会の4社から申請された新事業活動計画を認定しました。計画内において、電動キックボードの公道走行時にヘルメットの着用が任意となりました。今回は今話題のモビリティ、電動キックボードのシェアサービスを紹介します!

電動キックボードとは?

電動キックボードは、欧米を中心にシェアリングサービスとして広く普及している小型モビリティの一種です。

今回、Luup等のマイクロモビリティ推進協議会から認可された4社が実施する実証試験は、経済産業省の新事業特例制度を利用したもので、認可を受けた事業者の車両が「小型特殊自動車」として位置づけられることとなりました。

電動キックボードは従来、道路交通法上で原動機付自転車として位置づけられており、公道を走行するには免許の携帯やヘルメットの着用、車体にナンバープレートやライト、サイドミラーの装着が義務付けられていました。

今回の実証実験において、
ヘルメットの装着が「任意」に
最高速度が時速15km
となり、

さらに走行区域として「車道」と「普通自転車専用走行帯」に加えて、「自転車道」「一方通行だが自転車が走行可能な車道」が走行可能となりました。

ここから先は、経済産業省に認可された4社のうち2社のシェアリングサービスをご紹介します。

1.LUUP(ループ)

「LUUP」は、街中のポートに置いてある電動マイクロモビリティのシェアリングサービスです。好きなポートで借りて、好きなポートで返すことができます。毎日の通勤や買い物、街の回遊にご利用いただけます。
「徒歩だとちょっと遠い」を、快適で楽しい移動体験にしましょう。

LUUP HPより

LUUPは、東京都の渋谷・新宿・六本木・大阪キタ・ミナミの5エリアにて、小型電動アシスト自転車と電動キックボードのシェアリングサービスを提供しています。

現在、電動アシスト自転車と電動キックボードを用いたシェアリングサービスを展開中ですが、将来的には高齢者向けの四輪モビリティなどの様々な電動マイクロモビリティに機体を導入予定とのこと。

料金は、初乗り10分間110円(税込)、10分以降は1分あたり16.5円(税込)。

LUUPホームページはこちら

2.mobby(モビー)

mobbyは、福岡県の福岡市中央区を中心に、電動キックボードのシェアリングサービスを提供しています。エリアは順次拡大中とのこと。

料金は、初乗り30分間150円(税込)、31分以降1分ごとに5円(税込)。

mobbyホームページはこちら


小型で電動走行する次世代モビリティについて、警察庁の有識者委員会は2021年4月15日、規制緩和の指針を盛り込んだ中間報告をまとめ、一部の電動キックボードは運転免許を不要にする案が出ております。

ちょっとそこまで行きたいところに行ける。自転車だけではない街を走る小型モビリティのこれからに目が離せませんね!

関連記事

  1. 新型コロナウイルス(COVID-19)に関連した移動に関する情報まとめ

  2. 5月1日から始まる【ベビーカー利用に関するキャンペーン】をご存知ですか??

  3. 【簡単】車椅子でタクシー移動〜ジャパンタクシーのご紹介〜

  4. アプリで街のバリアフリーを発信!「Wheelog!オンライン街歩き」に参加します

  5. 障害者手帳がアプリ化!?〜ミライロID〜

  6. 車いすでの外出時に役立つ便利グッズ5選!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。